都留文科大学学報(第145号)
26/44

現代政治論 進藤  兵ゼミ河野 颯馬愛知県尾張地方の観光の発展の可能性について井上菜々子女性が第一子出産後も働き続けられる社会の構想窪田 雄人スポーツと都市の関係性からみるまちづくり ―ドイツと都留市の比較分析から将来の地域コミュニティの発展を考える―阪倉  僚免許返納問題と高齢者の生活支援 ―交通権の視点から考える―佐野 敦希地域スポーツ体制の現状と課題 ―ジュニアスポーツ環境向上の観点から―成島 拓哉日本の「格差」縮小に向けた教育改革の検討干場 舜太富山県における循環型社会づくり ―SDGsの重要性―安富  遥不登校児童支援におけるフリースクールの利点と課題 ―フリースクール「オンリーワン」を事例として―吉岡 未祐若い世代の投票率低下の諸原因とその改善策林  建偉日本の外国人労働者政策を再検討する ―日本の技能実習制度の沿革を焦点に―藤田 宙大高速道路の存在意義とは何か ―歴史と現状と地域経済から探る―公共政策論 高橋  洋ゼミ四ッ谷 馨地方自治体の公共交通政策におけるコミュニティバス事業 ―人口指標に基づく分類と事例研究による検討―荒岡瑛一郎文化財政策における保護行政から「稼ぐ文化財」への転換 ―官邸主導による政策転換の影響検証と過程整理―梶浦 壮馬日系外国人労働者と技能実習生に対する住民施策と多文化共生 ―先進自治体による取組の比較分析―見目 柚香ソーシャルメディアの政治における役割 ―政治家の情報発信手段と市民の意見表明手段―小池 丈流日本における洋上風力発電の導入に関して ―再エネ海域利用法に着目して―小林 晴佳日本の高齢者福祉政策における矛盾の帰結 ―地域包括ケアシステム・日本版CCRC 構想の視点から―斉藤  樹外国人介護人材受け入れにおける地方自治体と国の関係 ―国の政策方針と地方自治体の取り組みに注目して―丹治  群地方赤字鉄道路線の維持に向けた政策分析 ―旧国鉄「特定地方交通線」転換路線での「民間アイディアの活用」事例から―沼澤 拓斗日本農業政策における価格・所得政策の変遷分析 ―二度の政権交代に基づく直接支払の変化に着目して―袋 曜平地方公共団体の文化財保護政策における政策主体の多様化 ―地域文化の保存・活用に関する市民参加プロセスの分析―宗形 星虎第二次安倍内閣における菅内閣官房長官の政策形成による役割 ―携帯電話料金値下げ改革に注目して―環境法 小島 恵・赤渕 芳宏ゼミ青柳 恭介地域における再生可能エネルギーの可能性 ―太陽光発電の視点からの一考察―赤岡 舞桃日本におけるLRT導入の課題と展望 ―諸外国を例に―赤澤 拓海景観保全の実現に向けた課題 ―無電柱化に注目して―阿部麻理恵中小企業における環境経営の普及促進に向けて久保田大晟低炭素社会の実現とコンパクトシティ黒木 慎吾CCS事業推進へ向けた取り組みと普及に向けた課題重松 侑希海洋プラスチックごみ問題において日本がアジアを主導するための取り組み鶴岡 美沙日本における食品ロスの実態と今後の課題早瀬 和宏日本のスマートシティ構想における電気自動車の位置づけ ―先進事例からの示唆―藤田 直哉社会的受容性から見るこれからの太陽光発電森谷 泰成遺伝子技術を用いた食品の可能性について ―表示規制の側面から―矢崎 良真太陽光発電の山梨県での普及に向けて山田 博也リニア中央新幹線と環境影響評価制度吉留 祐伍プラスチックごみ問題とレジ袋有料化憲法 樋口 雄人ゼミ芦沢 尚哉日本における外国籍児童・生徒の不就学問題の現状と課題笈田 春奈日本における離婚後共同親権制度導入に向けた取り組みの現状と課題小原 双葉過労死・過労自殺の起こる労働環境加藤 陽成国連平和維持活動の発展と憲法解釈の変遷河野 未奈日本における若年層の相対的貧困と社会保障政策 ―貧困と格差のない社会の実現に向けて―込江  梓児童虐待と親権規定について佐々江隆大政治的主張を伴う表現活動に関する諸問題鈴木 友也ドイツにおける憲法保障制度と「憲法の敵」伴野 夏芽死刑存置国である日本の現状と課題前川 未来新しい家族の在り方としての同性婚 ―すべての人が個人として尊重される家族制度を考える―262021年3月10日(水)

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る