都留文科大学学報(第145号)
19/44

川又  光花輪ばやしに見る地域教育の有用性原田 寧々母子保健と児童虐待村田 篤哉いじめを生まない学級の在り方元木 菜緒対人関係の闇から子どもたちを救うために―一人一人の個性を守る教師の在り方―山本  匠色覚異常の子供が安心して学べる環境の保障について―教師の教育的働きかけの視点から―別宮 有紀子ゼミ北尾  駿東京都東久留米市落合川に生息する水生昆虫を利用した教材研究鈴木 貴大バランスドアクアリウムを応用した教材の開発―生物と環境の関係性に対する理解を深めるために-藤島 悠太ホウセンカの種子散布を教材とした授業づくり―種子散布から「生命の連続性」を考える―松江 右聖都留文科大学周辺に生育するバイカモの乾燥ストレス応答に関する研究―水位変動によるストレスはバイカモの成長に影響を与えるのか―柳澤 良太絶滅危惧植物ナガエミクリの発芽条件の解明―ミクリ属の保全のために―邊見  信ゼミ榎本 明香鹿児島県における複式学級の学習指導法―ICTを活用した効果的な学習指導―大岡明日香子どもの変化に対する教師の眼差しと東日本大震災黒澤ほのか21世紀を生きる子どもたちへ向けた思考力を育む授業―木下竹次における「発動的学習」論に注目して―曽根 海人小1プロブレム―山梨県の現状―三浦 悠生小1プロブレムに対応する学級づくり望月 幹太初任者研修における学級経営力の育成と課題水口  潔ゼミ赤川 周平ラグビーにおける勝率向上に起因するタックルの研究―山梨県T高校過去のデータより―新井穂乃佳体育に対する意識調査―都留文科大学初等教育学科・学校教育学科の学生の場合―石田 佳子過去の運動経験が日常生活における心理的対処能力に及ぼす影響について―都留文科大学の学生を対象として―稲垣  聡男子走幅跳における助走が跳躍に及ぼす影響―男子大学生走幅跳競技者S.Iの場合―岩松 哲平都留文科大学男子ソフトテニス部のゲーム分析―ランニングボレーに着目して―及川 太希ソフトテニスシングルスに関するゲーム分析―スライスショットに着目して―真島 陸斗鉄棒運動における「運動の言語化」の影響について―都留文科大学学生Y.Kさんの場合―豆生田舞鈴きょうだい構成や出生順位が運動に及ぼす影響矢作 亜優ソフトテニス女子ダブルスのスマッシュに着目したゲーム分析―都留文科大学の場合―武蔵 由佳ゼミ安藤  樹現代の性役割と教育との関連上田穂乃香愛着障害が大学生の恋愛タイプに及ぼす影響川下 未紗大学生の友人関係とほめとの関連櫛部 嘉洋自尊感情を育てる教育実践―基本的自尊感情と社会的自尊感情の視点から―柳   宏ゼミ石垣やよい筋肉テープと運動パフォーマンスの関係―KTテープを中心に―浦山 和泉インソールと運動パフォーマンスの関係―B-TRインソールを中心に―小口 亜美社会人のスポーツ活動実施に対する動機付けの研究髙橋 伶奈バレーボール競技のサイドアタッカーに求められる資質についての研究―高校生・大学生女子の場合―菱田 捷月バレーボール競技活動に対する動機付けの研究―COVID -19流行との関わりに着目して―山森 美穂ゼミ尾崎 力斗空気と水の圧し縮められ方の違いがよく理解できる授業穴水  咲探究的に学ぶ力を伸ばす「調べ学習」―コピー学習からの脱却―飯塚 茉佑科学絵本を活用した生活科の活動―理科への接続を目指して―岩瀨  輝小学校における再生可能エネルギー学習髙石 健斗「過大視本能」「単純化本能」に陥らないための小学校授業―SDGs教育を題材に―西本 雄紀「とける」の多義性に着目した「もののとけ方」の授業19都留文科大学報 第145号

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る