2020年6月アーカイブ

将来日本語教師を志望しているみなさん
日本語教師として働くには以下の3つの条件のうちいずれかを求められることがほとんどです。

 ① 大学・または大学院で日本語教員養成課程の主専攻または副専攻修了
 ② 日本語教育能力検定試験に合格
 ③ 四大卒以上で、日本語教師養成講座で420時間以上の講座を修了
 都留文科大学では、①の副専攻で日本語教員養成課程を学ぶことができます。それに加えて②もあると、日本語学校への就職活動をする際に有利になります。

都留文科大学では、夏休みに「日本語教育能力検定試験」の対策講座を遠隔で開講します

【日程】
8/17(月)3 限、4 限
8/18(火)4 限
8/19(水)4 限
8/20(木)4 限
8/21(金)3 限、4 限 ・・・全 7 コマ

講義形態:遠隔(Microsoft Teams, zoomを使用)

受講費:無料
講師:島恭子先生
申込方法:メールで申し込み
申し込み先:語学教育センター 高橋雅子 mtakahashi@tsuru.ac.jp
申し込み締め切り:7月27日(月)17時まで 

申し込みの際は、以下の項目をメール本文に記載してください。
①氏名
②学科
③学年
④大学のメールアドレス(登録の関係上大学のメールアドレスが必須)

受講条件:
・大学のメールアドレスでやり取りができる者
・講座開講までに以下の参考書を購入できる者
ヒューマンアカデミー『日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版』翔泳社
  https://www.seshop.com/product/detail/19986
・パソコンやタブレット等で遠隔による講義を受講できる者

合格に向けて一緒にがんばりましょう