環コミ教員の最近のブログ記事

NPO法人グラウンドワーク三島主催で、2017年9月18日から23日まで開催した、「韓国江華島スタディ・ツアー」の模様が、毎日新聞静岡版に、11月日から3回にわたって連載されました。是非ご一読ください!

■毎日新聞静岡版連載「海越え続く環境の道」


■2017年8月26日(土)

 

 この日は午前中、湖水地方ウインダミア湖周辺の景色を楽しみながら、「フットパス(農場や自宅の敷地内などの私有地も含めて歩くことができる道)」などを散策。気持ち良い気候のなか、天候にも恵まれ美しいイギリスの原風景を満喫しました。

 

【主な視察先概要】(研修のしおりより)

 

●湖水地方(Lake District)

 イングランド北西部に位置する国立公園。氷河時代の痕跡が色濃く残り、渓谷沿いに大小無数の湖が点在している。

 

●英国ナショナルトラスト(National Trust)

https://www.nationaltrust.org.uk/

 歴史的建造物や景勝地の保護を行う民間団体。愛郷心や国民の一体感といったナショナル・アイデンティティを醸成、強化することなどを目指している。2015年現在、会員424万人とボランティア6万人を擁しており、英国最大の自然保護団体である。

 

 

オールダムロッジ元所長、グラウンドワーク三島英国アドバイザーのロビン ヘンショウ氏による案内でフットパスを散策。

 

 

 

 

約40分ほどで頂上に到着。美しい風景が広がっていました。

 

 

 

頂上より、フットパスを歩き下山します。

 

 

 

午前中かけてフットパスを満喫したあと、街中を散策。

 

 

 昔からの美しい原風景を満喫し、自然や景観を守るためナショナルトラスト活動についても学びました。この日は月曜日にバンクホリデイという祝日があることから、多くの方が湖水地方を訪れていました。環境資源を活かした観光についても考えるきっかけとなり、充実した一日となりました。

 

■2017年8月25日(金)

 

 この日は、午前中バーミンガムから貸切バスで移動し午後にオールストンムーアへ到着、視察を行った。

 

【主な視察先概要】(研修のしおりより)

●オールストン・ムーア(Alston Moor)

 イングランドの背骨とも称されるペナイン山脈に位置する。湿原地帯(moorlands)には、英国で最大規模の鉛や亜鉛などの鉱物資源がある。ローマ時代から採掘が行われ、この地に繁栄をもたらしてきたが、第二次世界大戦後には、それも衰退していった。しかし近年、多くの社会的企業が誘致されたのをきっかけとして、ツーリズムなどの拠点として注目を集めている。英国で最初の「社会的企業タウン」の称号が授与された。

 

●サイバームーア(Cybermoor)

http://www.cybermoor.org/

 オールストン・ムーアの住民に対するインターネットの技術的サポートなどを行っている。このことを通して、雇用や高等教育への進学機会が拡大すること、そしてICTを活用した地域社会ネットワークを構築することなどを目指している。

 

 

オールストンムーアの街並み

 

 

オールストンムーアの街並み

 

 

オールストンムーア・パートナーシップ事務所

 

 

事務所にてオールストンムーアの街の概要や、社会的企業についての説明を受ける

 2000人の小規模な田舎街ではあるが、26の社会的企業があり、高齢者を中心にサービスを提供している。今後若い人へ呼びかけ、自然に恵まれた田舎の環境への移住を呼びかけている。

 

 

オールストンムーア散策

 

 

Alston moor fitness club

 オールストンムーアの社会的企業のひとつ。

 朝、夕方に安い料金でトレーニング器具を使うことができ、若い世代や、高齢者が主に利用している。多くは、ボランティアの方の力を借り運営している。

 

 

Alston moor fitness clubの外観

 

 

車窓から眺める、イギリス田舎の美しい風景



 グラウンドワーク三島では、2017年8月23日から31日、「英国グラウンドワーク スタディ・ツアー2017」を開催しています。

 

 本年は、現場における問題解決力と実践力を学ぶとともに、国際的な交流と見識を高めることを目的として、英国「グラウンドワークUK」が取り組む多様なプロジェクト視察を中心に、廃村になった田舎を社会的企業タウンとして再生し地域の活性化に成功した「アルストン・ムーア」、英国ナショナル・トラストが政府から独立した独自の資金確保と管理システムにより保全している世界自然遺産の「湖水地方」、イギリスの原風景が残る「コッツウォルズ地方」も散策します。

 

 英国現地からの研修日記は、グラウンドワーク三島ホームページや本ブログに時掲載します。


英国スタディ・ツアー2017_研修のしおり(HP用).pdf



■2017年8月24日(木)

 

午前:グラウンドワークUK訪問(バーミンガム)

 

・バーミンガムを流れる運河の看板

 

 

・バーミンガム運河

 

・参加者集合写真(バーミンガム運河にて)

 

グラウンドワークUK・アンディ氏による説明
(グラウンドワークとは、ミッション、プロジェクト、資金運用など)

 

グラウンドワークUK、アンディさんとは同僚の2人からの説明

 

 

 

午後:社会的企業タウン訪問(バーミンガム・ディグベス地区)

 

●iSE(Initative Social Enterprise)、CEOのエリザベスさんより説明
・社会的企業を支援する中間支援団体、社会的企業に対して資金面での支援や、企業間の情報交換の場を提供している。
(iSEの歴史や組織の構成、資金運用、社会的企業の重要性などの説明)

 

●社会的企業「Centarla」
・イギリス在住のポーランド人の支援をしながら、アーティストの展示など文化活動のあっせんを行っている

 

●社会的企業「Changing UK」
・アルコール、麻薬依存症患者のケアなど、更生プログラムを行っている

 

●社会的企業「Criative alliance」
・貧しい若者の就職支援を応援する社会的企業。特にクリエイティブ産業(グラフィックデザインなど)に精通した企業へ若者を紹介

 来る3月28日(火)夕刻、NHK総合テレビの静岡県域番組「たっぷり静岡」の「キラキラしずおか人」のコーナーに、渡辺豊博特任教授・グラウンドワーク三島専務理事が生出演し、源兵衛川の話題が取り上げられます。
 
 静岡県内にお住まいの方は、ぜひご覧ください。
 
 
 
放送局: NHK総合テレビ(静岡県域)
 
番組名: たっぷり静岡
 
放送日時: 平成29年3月28日(火)午後6時10分~7時00分
     ※午後6時30分頃より、生放送で8分程度を予定(変更の可能性有り)
 
放送概要: 「キラキラしずおか人」(渡辺豊博特任教授・グラウンドワーク三島専務理事生出演)
 昨年11月の源兵衛川の「世界かんがい施設遺産」の登録などによって、三島の湧水が世界の源兵衛川となった今、その変遷や今後の動きなどについて取り上げられます。

カレンダー