都留文科大学地域交流研究センターでは、大学コンソーシアムやまなしと共催で、

県民コミュニティーカレッジ 地域ベース講座 「日本映画の歴史と美学」を全4回の日程で開催します。

開催日 第1回 10月18日(水) 第2回 11月15日(水) 第3回 12月13日(水) 第4回 1月17日(水)

詳細や申込方法はこちらからご確認ください。

H29年県民コミカレHP画像.png

平成29年8月10日(木)都留文科大学体育館で都留市内の小学生を対象とした市民公開講座「佐野夢加かけっこ教室(2日目)」が開催されました。かけっこが早くなるためだけで無く、待機する心構えも含めてのプログラムを午前中は低学年、午後は高学年向けに行ないました。

昨日に引き続き、佐野夢加特任講師と本学陸上部の学生3名で指導を行いました。

IMG_7014.JPG

IMG_7021.JPG

IMG_7027.JPG

IMG_7033.JPG

2日目の低学年向けのプログラムは、色々な走り方・マーク走・カード取りゲームです。

IMG_7046.JPG

IMG_7061.JPG

IMG_7075.JPG

IMG_7087.JPG

IMG_7096.JPG

高学年はバランスボールを使っての走り・脚運びの練習・走る間隔の練習など行い、ストレッチ体操をして最後に礼で終了しました。

平成29年8月9日(水)に、都留文科大学体育館において、都留市内の小学生を対象とした市民公開講座「佐野夢加かけっこ教室(1日目)」を開催し、かけっこが速くなるためのプログラムを、午前中は低学年向けに、午後は高学年向けに行いました。

今回指導するのは、ロンドン五輪陸上競技日本代表の佐野夢加特任講師と本学陸上部の学生3名です。

IMG_6910.JPG

IMG_6917.JPG

1日目の低学年向けのプログラムは、色々な走り方・マーク走・しっぽとりゲームです。

DSC02926.JPG

DSC02949.JPG

IMG_4466-2.JPG

1日目の低学年向けのプログラムはこれで終了です。

高学年向けのプログラムは、色々な走り方・マーク走・スタートの姿勢・ダッシュです。

DSC03003.JPG

IMG_4549.JPG

IMG_6984.JPG

DSC02999.JPG

IMG_4558.JPG

1日目の高学年向けのプログラムはこれで終了です。

2日目は8月10日(木)に都留文科大学体育館で開催予定です。

7月30日()から都留市立図書館において、

『戦後72年企画展示 戦争と平和 市民の記憶を語り伝える~市民の戦争体験と平和を願う活動の紹介~』

が開催されています。

その中で、本学地域交流研究センターフィールド・ミュージアム部門が管理している奥隆行写真コレクションや、大漢和辞典を制作した本学初代学長諸橋轍次氏についての展示が行われています。

DSC02895.JPG
諸橋轍次氏と大漢和辞典

大漢和辞典は1929年より制作が開始され、1943年に第一巻が刊行されましたが、1945年の東京大空襲により出来上がっていた組み置き原版と印刷途中の第二巻は灰燼と化してしまいました。
しかし奇跡的に三組の校正刷りの原稿が戦火を免れており、戦後、それをもとにして大漢和辞典は刊行されました。この三組のうちの一組が、都留市の宝鉱山に疎開していたのです。

DSC02901.JPG
宝鉱山の写真と絵

戦前から戦後にかけての宝鉱山の写真が展示されています。中央にある絵は、これらの写真と当時の鉱山を知る方々の記録から、宝鉱山をイメージして描かれたものです。

これらの写真の一部には、都留市にお住まいだった故奥隆行氏が収集した「奥隆行写真コレクション」が使用されています。

DSC02899.JPG
奥隆行写真コレクション

奥氏が収集した写真は、コレクションとして、本学地域交流研究センターフィールド・ミュージアム部門とミュージアムつるが共同で管理しています。

DSC02896.JPG
奥隆行写真コレクションとフィールド・ノート合本

この写真展は8月31日(木)まで都留市立図書館で開催されています。

 平成29年7月29日()に都留文科大学構内において、地域の知的障がい・発達障がいなどの子どもたちを対象とした週末の居場所づくりの活動である"クロボ"を開催しました。

午前は、フロアホッケーをしました。
IMG_0008.JPG今回も白熱しました。保護者も、コーチや選手として活躍しています。

IMG_0010.JPG男たちの熱いまなざしが、練習を熱く(暑く)します。


体を動かした後は、大学近くのスーパーに昼食の買い物です。
IMG_0018.JPG

雨が心配されましたが、なんとか、傘を差さずに、買い物に行くことができました。

IMG_0030.JPGお弁当だけでなく、パンを買うという選択肢もあります。


午後は、グループ別活動で、音楽の活動とキャリアデザインワークを行いました。

音楽の活動は、クロボでははじめての試みで、初等教育学科の音楽系の先生と学生、地域でリトミックの活動をされている方とでプログラムを作成しました。

歌唱、手拍子、ボール、リズム、打楽器、ハンドサインなど、声やからだをめいっぱい使った活動を行いました。
IMG_0054.JPGIMG_0066.JPG
IMG_0075.JPG
IMG_0124.JPG
IMG_0197.JPG
キャリアデザインワークでは、にんにくを題材にし、生産から消費者の手元に届くまでの一連の流れを追いながら、仕事の理解を深めました。

今回の活動には、子ども13名(小学生~高校生)、ボランティアスタッフ約50名(学生、教員、一般市民)の参加がありました。

前期の活動は、今回で終わりです。
次回の"クロボ"は、もう少し先になりますが、大学の夏季休業明けの10月28日()の開催予定です。

よろしくお願いします。

(地域インクルーシブ教育分野担当教員 堤 英俊)

カレンダー