ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
9/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

(上)内藤さんのお話を聴く一行/(右下)大月東中学校の付近でかつての追分の位置を探る/(左下)139号を進むいからだ。外観が物語っているようで、感慨深事実を、苔むして年月を感じさせる日も人々の道標となっていたという触ったりしたくなる。雨の日も風の前にすると、まじまじと見入ったりたのかもしれない。それを今、目の一瞥するだけの何気ない存在であっ当時の人々にとって、この石碑はられるようだ。の人々の富士山信仰の深さが垣間見の図柄も刻まれており、百年以上前能性があるとのことだった。富士山らないが、建立した講社の名称の可にお伺いしたところ、明確には分かは、何を意味しているのか。先生方上部に力強く刻印されている正の字国道の建設に伴い移動したという。この道標であるが、昭和20年以降実感をもたらしてくれた。も、二本の大道の古くからの存在に描くのに大変心強い。苔むした道標方の細やかな記憶は、富士道を思い古くは田畑であった」といった先生橋だった」とか「目の前の住宅地は、9富士道を歩く会