ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
37/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている37ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

(上)スタッフのかたが解説をしてくださる/(右下)白衣/(左下)禊ぎがおこなわれた水路なった。来てあらためて思いを馳せる機会とな思いがあったのだろうか。ここへ富士道を行く信者たちの胸にはどんままに歩いてきたけれど、果たしてる。あちらこちらに寄り道して、気まったく違うものとして見えてくそう思うと、これまでの道のりが士道を歩いてきたのだろう。は想像もできない覚悟を持って、富装束に表れている。今の自分たちにれない、それほどの旅の覚悟が白いなことであった。命を落とすかもし山に登ることは、当時としては大変装束に身を固めて登拝に挑む。富士心構えの話だ。信者たちは皆、白い富士講信者たちの富士登拝に対するが、この日一番印象に残ったのが、さまざまな資料が展示してあった屋敷のなかには富士講にまつわるて行った。こにお参りをして、富士登拝に発っ行ぎょう身み禄ろくがまつられている。一行はこナサクヤヒメとそのとなりには食じき37富士道を歩く会