ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
34/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている34ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

士道を歩く会が最終目的地としていた北口本宮冨富士浅間神社。しかし今回、参加される先生がたのご都合を考慮して、順路を守ることよりも内容の充実を優先させて先にゴール地点へ足を運んだ。富士吉田市第12回2013.11.16──北口本宮冨士浅間神社──長い年月に気づくこという大鳥居は、このとき60年に一度木造の鳥居としては国内最大だとしまっただろう。石灯籠には目もくれずに通り過ぎていたら、参道正面の社殿を目指し、たそう。何も知らずにここを訪れてあるものとは別に仏教的建物もあっという。もともと北口本宮には現在ださった。これは神仏習合の名残だがあるのかを内藤さんが解説してくのはずなのに、何故寺院を表すもの籠には卍の印が刻まれている。神社基ほどの石灯籠が並び、一部の石灯なかを伸びる参道の左右には130ているそうだ。ひんやりとした森のを祀っていたため諏訪の森と呼ばれはおよそ8万㎡。もともと諏訪明神社のなかで最大の面積をほこる境内本宮冨11月士浅16日間、神富社士へ道。を数歩あくる会浅は間北神口Field・Noteブックレット134