ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
33/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている33ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

column * 04春の田んぼ(スズメノテッポウ)田原の滝から大学方面へ抜ける小径に田んぼがひろがる。4月27日、田んぼは一面、淡い黄緑色に染まっていた。正体はスズメノテッポウ。春先の田んぼや畑によく生え、かたく凍っていた田畑を、いっせいに明るい色に塗り替える。田んぼの端に沿って土の色が見えているのは、トラクターで耕した跡だろうか。4月下旬、そろそろ田んぼの準備が始まる。香西恵=文・写真33富士道を歩く会