ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
32/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

富士道の四季折々②column * 03冬のケヤキとヤドリギ2013年12月14日、旧外川家住宅をあとにして吉田の街を歩いていると、冬の空によく目立つものがある。葉を落としたケヤキを彩るヤドリギだ。枝を広げたケヤキをデコレーションするように、もじゃもじゃしたヤドリギがいくつもくっついている。よく見てみると、赤い実をつけている。緑の葉と赤い実をぎっしりつけた大きな毬のような姿は、見つけると、なんだか嬉しい。一年を通してそこにあるのに、気がつくのは冬のあいだだけ。その昔、富士道を歩いた人々がヤドリギを見ることはあっただろうか。Field・Noteブックレット132