ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
30/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

都留市第11回2013.6.22──長慶寺から宝鏡寺まで──忘れられない風景士道歩きの感動は、季節や時間帯によって変化富していく風景のなかにも見出される。時代背景や大きな変遷があった来歴を思い出すとき、目の前に見える光景の捉え方が変わってきた。ている風景の奥に往時の風景を重ね郷土研究会の方々は、目の前に見だという。風景とはだいぶ変わってきているのを建てるようになって、終戦当時のた最近では田畑をやめて新しく住宅った日当たりの悪い場所に多く、まるからだ。ゆえに古い家は山を背負た。日当たりは収穫量に影響してくいう場所に田んぼや畑を作りたかっい場所を選んで建てるが、昔はそうた。いまでこそ住宅は日当たりのよ場所に発達したのかが話題となっ道の途中では、集落がどのような順に訪ねていった。面おも神て社、ついで十二天神社などを衣料品店前に集合し、長慶寺や八やつ面だ。この日は国道139号沿いのりの田園地帯を歩いた第11回の一場忘れられない風景がある。雨上がField・Noteブックレット1 30