ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
29/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている29ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

十日市場・夏狩周辺MAP柄杓流川長慶寺おいしかね熊太郎稲荷神社永寿院佐伯橋桂川都留文科大学前小篠神社滝守弁財天十日市場都留文科大学文遭遇から見えた気がした。土地の人々の心が、形あるモノとの意なることが、心を掴むこともある。域だったのだ。その出会いかたの不わせに暮らしていく知恵も必要な地水への信仰を意味する。水と隣り合水との関わりが深い地帯。弁財天はじめ、富士山の湧水も流れる土地柄、さが印象的だ。この辺りは桂川をはらない。その存在の頼りなさと唐突に入る。社がなく、鳥居しか見当たと、滝守弁財天と書かれた鳥居が目十日市場駅の近くを歩いているから顔を出している。れたばかりの苗が、低く張られた水た。季節は田植えの頃合い。植えらの自然と距離が近い場所にやってききたなかでも、水辺や田畑、山など仏閣を巡っていく。これまで歩いて神社など、自然と一体となった神社は、永寿院や熊太郎稲荷神社、小篠史探求の目になっている。この回で生方と足を踏み入れるとすっかり歴場。見知っているような町だが、先建ち、私たちにも馴染みある十日市都留文科大学の学生用アパートが29富士道を歩く会