ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
28/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている28ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

都留市第10回2013.5.25──田原の滝から「おいしかね」まで──不意なるものとの出会い「ちょっと屋根を見てもらえるかな」。歩く会は高いものもよく見上げる。見たのは破は風ふ。三角部分の板の造りのことで、風よけのためにある。ここで注目したのは、2階の破風の両端に膨らんだ部分。まるで焼き鳥の串の持ち手のような形をしている。この破風の特徴は郡内でよく見られるという。Field・Noteブックレット128