ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
27/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている27ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

(上)法泉寺前にある萬霊等(塔)には側面に彫りかけの文字がある/(右下)鶴水園/(左下)浄水場側から踏切を振り返るっと知りたくなった。ら、いつも歩いている道の記憶をも地も変わっていく。お話を聞きなが時代が変わればそこを歩く人も目的しれない。道は変わらずにあっても、ちのほうが馴染みの道だったのかもい。このあたり、かつては子どもたつくられた市内で最も古い公園らし鶴水園は、浄水場の完成を記念してはそこでよく遊んだという。手前のジがあり、新田さんが子どものころ中には入れないが、敷地内にはツツできた。浄水場は、今では柵があり通う道の本来の目的地を知ることがこれを聞いて初めて、いつも大学へほど、浄水場へ至る道ということか。道」と言って案内してくれた。なるう。新田さんはこれを「水源地へのが、ここまでが1本の道であるといいるためこれまで気がつかなかった場へと辿りつく。線路で分断されてくと、鶴水園を通りすぎ、滝下浄水右に細い道がのびている。ここを行踏切を渡る。渡ってすぐのところでり、山梨県民信用組合の裏を抜けて法泉寺から国道139号にぶつか27富士道を歩く会