ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
25/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている25ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

(上)西願寺前の石橋。下を流れるのが寺川/(右下)天神社の石灯籠/(左下)水車小屋の跡地と歩いていると思い出すよ」。ているといろいろあるね」「みんなあった。安富さん:「ゆっくり歩いの合流地点。昔は小さな水車小屋が返して先ほどの灌漑用水と家中川とっ▼ぷち15時の普20分門、寺普」門寺と。歌数わえれ歌るで。は引「き崖えたねえ」「変わったねえ」。流しをしたりしていた。「宅地が増まれていて、アヒルを飼ったり友禅後間もなくのころは見事な石垣が積造りだった。美容室前の水路は、戦戸時代からすでにこのような珍しいだ灌漑用水が立体交差している。江社▼」信15時号。05分中、川国と道寺1川3か9ら号引「き金込山ん神たんだよ」。村の穀倉地帯でね、良い田んぼだっ参の照神)ま社ので鳥が居見か通らせ滝た下。武浄井水さ場ん(:「谷26頁のか。安富さんが青年のころは、こ彫刻された動物はゾウなのかバクなと▼いう14時部分45分は、流金れ山向神拝社と。い屋う根種の類向。拝を伝えている。が、改修工事される以前の広い川幅25富士道を歩く会