ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
24/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている24ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

内のこと都留市のこと、昔の暮らしや今では見郡られない風景。ここでは第8回で記録したメモの一部から、谷村町周辺を歩いた日のことを振り返ってみよう。都留市第8回2013.3.24──城南公園から普門寺まで──記録メモから振り返る勢36分の、よ西い願声寺が。聞寺こ川えにたかとかいるう石。の橋14時ていた。馬ば喰くろうたちが値段交渉する威の公園では、その昔馬市場が開かれ人の願いがはっきり分かる。境内下ちが師匠のために奉納した。当時の祈願したもので、森もり嶋しま其き進しんの門弟た灯▼籠は14時、『14分甲か、斐い天国こく神志し社』。編境纂内の入成口功のを石院と称していた。区から遷してきた神様で、昔は東正ではなくなった。もともとは川棚地前てはい通たり。に面13時して鳥居があったが今52分、金毘羅神社。以屋号にちなみ、十一屋横丁と呼ばれい路地。近くで医院をしていた家のわかる地名。新町と早馬町の境は細団の意味。武士が住んでいたことが中▼」は13時大名36分家、の城家南中公、園つ。ま家り中、川の家「臣家Field・Noteブックレット124