ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
22/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている22ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

月の追分を出発したとき、戦争の記憶に接す大るとは思ってもみなかった。しかしそれは、地域史をひもとく重要な切り口であることに違いなかった。都留市第7回2013.3.2──仲町大神宮から長安寺まで──さまざまな時代の横断こと。都留市護国神社の境内には日食糧難のおりにイモ畑に変えられた名所として知られた大神宮の界隈が中の話をうかがった。かつては桜の仲町周辺では、おもに太平洋戦争ることを知った。が、じつは地域のあちらこちらにあれている原則に当てはまらないものったのかもしれない。一般的に知らいし、建物はそのままに祭神が変わいらしい。単純な間違いかもしれな大神宮はその原則には一致していなが異なるのだという。しかし、仲町や「堅かつ魚お木ぎ」といった装飾の形・数によって屋根に取り付ける「千ち木ぎ」その社に祀られるのが男性か女性かいかけられた。一般的な神社建築は、合場所となった仲町大神宮でそう問それとも女性だろうか。この日の集この神社の神様は、男性だろうか、Field・Noteブックレット122