ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
17/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている17ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

四日市場・下谷周辺MAP保寿院赤坂街祖神家中川市神社生出神社菅野川生出山清泉寺となった。れない。そんな思いにも駆られた回ある地域の財産の一つが地名かもし体的に示していたのだ。失われつつ単位で地名がつき、その「場」を具まれてしまっているが、昔は小さな至った。今の時代は大きなものに包道標になるのだなと、このとき思い表向」。地名そのものも方角を知るろにある清泉寺の小字こそ「生出山いる。生出神社から少し歩いたとこ「生出山南みなみ向むき」などの小こ字あざも残ってが、この辺りは、「生出山表おもて向むき」や今でこそ住所は都留市四日市場だ背にして生出山の麓に建っている。は、地名だ。生出神社は、菅野川をこの回でさらに印象に残ったこという印象を持った。た文化が見え隠れする土地だな、とてきたなかでも、人が作り上げてきで有名な「八はっ朔さく祭まつり」。これまで歩い年9月に行なわれる例祭は、都留市神社「生出神社」へお参りした。毎いに出て、都留市でもっとも大きいこれも富士道の旧道だ。139号沿沿いの細い道を抜けて行く。じつは、17富士道を歩く会