ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
16/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている16ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

都留市第5回2012.11.10──旧四日市場村あたり──地域の財産「地名」折、イチョウが舞い降りてくる時季の生出神社。時「おいでさん」と呼ばれ、地元の人々に親しまれている。背が高い社殿を見上げると、細かく彫刻された壁面の模様が見えてくる。巨大な造りに見られる緻密な技に、ただただ圧倒される。街祖神からUターンして、家中川ではないかとの話である。祖神」とした人は、かなりの知識人や「道」の意味もあり、あえて「街はないという。「街」には「十字路」いた。聞くと、道祖神と大きな違いう心持ちになってきている自分に驚くものは珍しい。それを珍しいとい方も心得ていたが、「街」の名がつ拝んできており、少しばかり出逢いと出逢った。道祖神はすでに何体もれている。また、街なかでは街祖神39号沿いには市神様が大切に祀らされているようだ。その証拠に、1には交易が盛んであったことが反映れていた地域。「市場」という地名く。赤坂駅周辺は四よっ日か市いち場ば村と呼ば方面へ進むと、赤坂駅近辺に辿り着平行して走る国道139号を富士山前回の禾生駅から、菅野川とほぼField・Noteブックレット116