ブックタイトル富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ページ
10/56

このページは 富士道を歩く会 2012~2014の旅録 の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

富士道を歩く会 2012~2014の旅録

都留市第2回2012.6.23──田野倉駅から落合水路橋まで──庚申塔と出会うふな川を見下ろしながら道を歩く。舟場ばばし橋のかかる辺りでは、昔は子どもたちが川で泳いだという。耳をすますと涼しげなカジカガエルの鳴き声が聞こえる。しっとりとした曇り空の6月下旬、道ばたの緑は生きいきとして、顔をあげれば淡いクリの花が満開である。レンガ造りの見事な落合水路橋のたもとでは、あじさいの花が色づき始めていた。Field・Noteブックレット110