ブックタイトルフィールド・ノート no.84 Mar.2015

ページ
33/48

このページは フィールド・ノート no.84 Mar.2015 の電子ブックに掲載されている33ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.84 Mar.2015

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.84 Mar.2015

テンセンサーカメラが写した動物たち本学フィールド・ミュージアムでは、キャンパス周辺のフィールドで赤外線カメラを利用した動物の調査をしています。本学フィールド・ミュージアム=文・写真すっかり黄金色の冬毛に生え替わったテン。倒木上や道上など目立つ場所で種子や小動物の骨などが混じったテンの糞を見かけます[2014年11月5日]二ホンリスアナグマ本学の自然科学棟脇の側溝でアナグマが撮影されました。側溝は人目にもつきにくいため、動物たちの移動に一役買っているようです[2014年11月15日]地上にいるニホンリスが撮影されました。この時期になると、オニグルミの実をどこか土ちょしょく中に埋め「貯食」したのではないかとその痕跡を探したくなります[2014年11月2日]イノシシ二ホンジカ鼻先をつかって地面を掘るイノシシの姿が撮影されました。秋口の活動は活発でしたが、冬が深まるにつれ撮影回数は減りました[2014年11月2日]センサーカメラでもっとも頻繁に撮影されています。撮影されたオスは角が枝分かれしていないため、比較的若い個体と思われます[2014年12月1日]33