ブックタイトルフィールド・ノート no.84 Mar.2015

ページ
3/48

このページは フィールド・ノート no.84 Mar.2015 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.84 Mar.2015

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.84 Mar.2015

no.84 Mar.CONTENTS30「29レビオトープストラン鎌だ倉よ」りと冬いう場所前編no.0426佐藤悦子さん?尊敬する人される人の関係?あの人の尊敬する人最終回24フィールド暦2219特こ集こまにと建めっている16―下小野の道祖神祭―祭りを続ける思い13都留の文化の移り変わり10よんくみめ名前のない無尽会のかたのお話連載最終回「ムジン」は今……08消えてしまうわけは―文化と人とその時代―06変特集化繙をひもとく表紙:金原由佳龍石寺にあるお稲荷様です。白いキツネは寄進されたものでしょうか。同じものが何体も並んでいました。この写真は表紙写真よりも少し離れて撮影したものです。『フィールド・ノート』では「都留の自然と人との交流」をテーマに、地域の自然・人・文化に関する情報を記録し、発信しています。裏表紙のロゴの絵はアメリカのナチュラリスト、ヘンリー・D・ソローの著書『ウォールデン森の生活』の初版本扉に、ソローの妹、ソフィアが描いたものです。ロゴにそえられている「Grow Wild」はソローの言葉で、その思想をわたしたちも大切にしたいとの想いを込めました。44FIELD・NOTE NEWS42ムササビ観察日記40星空が教えてくれたこと38仮はく製は生きている36都留お庭訪問34旧暦に登場する春の生きものフィールドミュージアムのたのしみ第・27回33センサーカメラが写した動物たち