ブックタイトルフィールド・ノート no.84 Mar.2015

ページ
10/48

このページは フィールド・ノート no.84 Mar.2015 の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.84 Mar.2015

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.84 Mar.2015

別符沙都樹(国文学科3年)=文・写真お話をうかがいました。最後は、これまでで一番お若い無尽会のかたがたに連載も今回でいよいよ最終回。この連載では、刻々と変化を遂げ続けている、無尽の今を追います。尽きることが無い、と書いて「無尽」。山梨県に続く文化のひとつです。「ムジン」って知ってますか?よんくみめ名前のない無尽会のかたのお話「ムジン今」は……連載最終回上げた無尽は今でも12人で続けられている。いないだろうと羨ましく思った。16人で立ちそんなに長い付きあいの幼馴染なんて滅多に付きあい自体は45年ほどもあるというのだ。らの幼馴染というかたたちもいらっしゃり、年近く続いているという。なかには幼稚園かも、みなさんが18歳のころから始めたため30がったかたたちのなかで一番お若い。それでのだそう。平均年齢49歳と今までお話をうか無尽は桂高等学校の同学年で立ち上げたも集まれるということせてくださった。間にも関わらず、みなさん快くお話を聞かていらっしゃる。月に一度という貴重な時にある机を囲むように10人ほどのかたが座っに集まっていらっしゃった。座敷の真んなかの襖を開けると、その無尽のかたたちはすで11月8日の夜、お店に入って左手側の座敷まる無尽会のかたたちだ。話を聞いたのは、そこに毎月第二土曜日に集場所は前回と同じく『八やお起き飯はん店てん』。今回おno.84 Mar. 201510