ブックタイトルフィールド・ノート no.83 Dec.2014

ページ
45/48

このページは フィールド・ノート no.83 Dec.2014 の電子ブックに掲載されている45ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

『フィールド・ノート』編集部の8月から11月の活動についてお伝えします。『フィールド・ノート』編集部=文・写真「大切なもの」を詩にのせて(10月17日? 19日)都留市ふるさと会館で都留詩友会が主催する第26回詩画展が開催されました。今年の詩の共通テーマは「大切なもの」で、会員それぞれが大切にしているものと、それについて書かれた詩が会場の中央に展示されました。都留詩友会は今年で40周年を迎えます。10月18日には都留詩友会40周年記念セレモニーが催され、現詩友会員や元詩友会員による詩の朗読が披露されました。3日間で約250人の来場者があり、詩画展は今年もおおいに盛り上がりました。(舟田早帆)それぞれ趣向を凝らした作品が展示されていた昔に思いを馳はせながら歩く(10月18日)「富士道アメヤ坂」と書かれたこの石碑。かつては道しるべの役割を果たしていたミュージアム都留で11月15日から始まる企画展「都留・古道の旅?信仰の道・交易の道―」の準備としておこなわれた現地調査に参加しました。これは富士道とトンネルの調査が目的で、ミュージアム都留から禾生のほうにかけて歩きました。広い道路が新設され、今ではあまり利用されていない道も多くあります。しかし、かつて利用していたときの証がきちんと石碑に刻まれ現在も残っています。調査のようすは企画展のなかでも紹介されています。(廣瀬はづ紀)プチニュース①クリ拾い(10月4日)うぐいすホール周辺でクリ拾いをしました。『フィールド・ノート』がデジタルパンフレットに②オープンキャンパス(10月13日? 24日)編集部員がキャンパスツアーのガイドを担当し、学内を案内させていただきました。③クルミ拾い(10月18日、11月4日)1回目、2回目とも熊太郎神社へクルミを拾いに行きました。④手づくりみそ完成2年半前に大豆から仕込んでおいたみそを編集部員で食べました。本学ホームページ、「地域交流研究センター」のページから、『フィールド・ノート』のデジタルパンフレットが閲覧できるようになりました。従来のものよりもじっさいの冊子に近いかたちで読むことができます。ぜひご覧になってください。45