ブックタイトルフィールド・ノート no.83 Dec.2014

ページ
37/48

このページは フィールド・ノート no.83 Dec.2014 の電子ブックに掲載されている37ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

10月22日朝の楽しみ10月3日最近毎日入ってますムササビを見ていると朝にごそごそと動いていることが多い気がします。朝9時ごろライブカメラを見てみると、ムササビが巣箱のなかでしきりに動いていました。ほんのわずかな時間ですが巣箱の外に顔を出したり、カメラに向かってとび跳ねたりと久しぶりに元気なようすを確認することができました。朝晩と冷え込んでくるようになりました。しかしまだ日中は少し汗ばむ陽気が続いています。猛暑が過ぎ去ってから、ムササビが巣箱にいる確率はとても高くなったように思います。今週一週間は毎日のように巣箱②にムササビがいました。本学美術棟横の巣箱はムササビのお気に入りの寝床となったようです。ムササビコラムムササビとモモンガの違いムササビはモモンガに比べ大きい体で滑空をしなければいけないため、前足から後ろ足のあいだだけではなく、後ろ足から尾にかけても皮膜が発達しています。また、ムササビは一度の出産で1 ? 2頭子どもを産むのに対して、モモンガは5頭ほどと、ムササビより多く産みます。【後ろ足から尾にかけての皮膜】ムササビ:ありモモンガ:なしムササビ頭の両側に白い模様が入っています【大きさ(尾を含む)】ムササビ:70㎝ほど空飛ぶ座布団と比喩されるモモンガ:25㎝ほど空飛ぶハンカチと比喩されるモモンガ尻尾にラインが入っています。大きな目が魅力的です37