ブックタイトルフィールド・ノート no.83 Dec.2014

ページ
36/48

このページは フィールド・ノート no.83 Dec.2014 の電子ブックに掲載されている36ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

10月1日大きさを実感ムササビ観察日記巣箱②にムササビがいました。このところ巣箱のどちらかにはムササビがいます。涼しくなってきたからでしょうか?ふだん丸くなっていることが多く、ムササビの大きさを感じることはあまりありません。大人のムササビは尾を含め70㎝くらいになります。長い尻尾がよく見えます。昨年、ムササビライブカメラを2つの巣箱に取り付けました。本学ホームページ(http://www.tsuru.ac.jp)では『ムササビ観察日記』のブログを更新しており、ムササビのようすをご覧いただけます。みなさんも一緒にムササビのようすを見守っていきましょう。本学フィールド・ミュージアム=文・写真巣箱①10月2日寝相に個性があるようですホームページ上の画面では、巣箱①のライブカメラは左端しか映っていないためムササビは一見いないように見えます。しかし拡大すると巣箱全体が映し出されます。すると右端に丸くなって寝ている姿を発見しました。久しぶりに両方の巣箱にムササビが入りました。巣箱①:右端に丸まって、ほとんど動くことなく寝ていました。巣箱②:巣箱①のムササビとは対照的に両手両足を広げ、大の字で寝ています。この写真を見たら、ムササビを見るのが初めてのかたも彼らに対して愛着が湧くこと間違いなしだと思います。※美術棟を背に見たときの配置です巣箱②巣箱①巣箱②山小屋、楽山公園側大学、グラウンド側no.83 Dec. 2014 36