ブックタイトルフィールド・ノート no.83 Dec.2014

ページ
32/48

このページは フィールド・ノート no.83 Dec.2014 の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

遊歩道を歩く理由うら山を通っている都留自然遊歩道。シカやリスなどの生きものを見るために歩くことにした。自然に囲まれた道にはどんな出会いがあるのだろう。南條新(初等教育学科1年)=文・写真都留自然遊歩道は、下谷から鹿留にかけての歩道という道があることを教えてもらった。ちょうどこのころ、友人から都留自然遊らを見てみたいと思い始めた。やイノシシなどがいると聞いていて、それに興味をもつようになった。ほかにもリスいった。このときから、うら山の生きものから5分も経たないうちに、山奥に帰ってっぽをむく、の繰り返しだ。そして会ってかがっているのか、こっちを見つめる、そうな甲高い声で鳴く。こちらのようすをういたよりも華きゃ奢しゃなシカは、草笛を吹いたよのシカを見たのはこのときが初めて。思って10m?くらい先に2、3頭のシカがいた。野生踏まれる音がした。音のするほうを見ると、ると、右斜め後ろからガサガサと落ち葉が9月27日の朝、何人かでうら山を歩いてい血走荒かのか木少と日感頻ら2山のっいなに生やし、。歩じ繁生㎞道気て息、会き、気道楽きたにきはでがくやとえも地にの山始気歩もう、引る低期なの面しわ公めくのら全い配音い待いがにてき園てこが山部てまうででい掘周かかかといをで、でな胸いるっりらららにそ通約私りがたを笹元2しうっ9は聞たの声ド見が坂週ただて㎞慌こよがのかキるこ。といもてえ聞でなうとの間ドす思るあててこ、。な、ほほキれい。るそきえ今こ跡皮うどすあ、う。のた、日れがをにたるうこらそ場。ドはまあ剥歩っ。音の山のかいコ会でっがいたすが遊をうらっドえ生たさてるし歩通ち走きコるき。れい10月とた道るのっにとのも何たる6をな約樹皮が剥がされたヒノキ。この、。木だけぼろぼろで目立っていたno.83 Dec. 2014 32