ブックタイトルフィールド・ノート no.83 Dec.2014

ページ
21/48

このページは フィールド・ノート no.83 Dec.2014 の電子ブックに掲載されている21ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.83 Dec.2014

12月7日まで、なにもなかった4号館前の芝生の広場。今日こそは、と毎日モグラ塚が出るのをたのしみに通っていた。けれど、一週間経っても、ちっとも出てこない。きっと今日もないだろうと思って見に行った。風が冷たいから外に出たくないと思ってしまうような日だ。何度見ても、変わり映えしなかった芝生のうえにぽっこり。今まで地面のなかにあったであろう湿った土が積もっていた。待ちにまったモグラ塚は寒さを象徴するようにところどころに霜をつけている。緑のなかに土の色がある、いつもと違う景色になった。モグラ塚(2014.12.07)