ブックタイトルフィールド・ノート no.82 Aug.2014

ページ
7/48

このページは フィールド・ノート no.82 Aug.2014 の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.82 Aug.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.82 Aug.2014

うな長さではない。は分かっても、言われてぱっと理解できるよ史歳のりがで人入あ、数っるつでたとま続りいりいをうこて繰このいりと「る返だ。し。61会メな半」ンが世はバら紀ー、…50年は常…以現に。上在長も10人いの71、前と歴後72淡野さん以外すべて男性。メンバーは抜けたその流れで無尽を作った。9人のメンバーは、げなたっそてういだる。も。と無も尽とは同20、級会21で歳集のまとっきてにい立てち上、だ。毎月第一木曜日に「魚藤」で無尽をおこ進学クラスを卒業された同級生で作った無尽在の谷村工業高校と桂高校の前身)の普通科「61会」は、1961年に谷村高等学校(現ちなのかを質問させていただいた。さっそくみなさんの無尽はどのようなかた緒に席へつかせていただいた。おいでおいでと席へ招いてくださり、私も一いらっしゃるかたたちが、にこにこしながらだ。私の姿を確認すると、すでに席へついて藤」を経営していらっしゃる淡あ野わの香か百ゆ合りさんしてくださった。無尽のメンバーであり、「魚に巻いた、上品な雰囲気の女性が座敷へ案内7