ブックタイトルフィールド・ノート no.82 Aug.2014

ページ
37/48

このページは フィールド・ノート no.82 Aug.2014 の電子ブックに掲載されている37ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.82 Aug.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.82 Aug.2014

7月11日暑い7月7日七夕非常に大きい台風が一番山梨に近づいたのは7月11日未明。日中は甲府市で36.3度、河口湖で31.8度など今季最高の暑さとなりました。都留でも気温が上がり、ムササビの巣箱も暑かったようです。大の字になって寝ている姿が何度も見られました。今日は、巣箱①にはムササビがいません。巣箱②に2頭いました!ブログの読者さんからのコメントで気がつきました。今まで、子育て以外で巣箱に複数入ることはありませんでした。この2頭は「つがい」でしょうか。ムササビコラム前足の指は4本後足の指は5本(2)(5)(4)(3)(1)?ムササビの滑空過程図?ムササビは一生のほとんどを樹上で過ごすため、飛膜を使って滑空することで移動します。滑空の原理はグライダーと同じです。まず目標をしっかりと見さだめてから、体を後ろに引き力強く枝をけって(1)空中に飛び出します。(2)滑空のとき尾はかじの役割をはたします。(3)着地する目標に近づいたときには、体を立てるような姿勢になり、飛膜で空気を受け止めてスピードを落とします。(4)そして手足を前に突き出して着地します。(5)37