ブックタイトルフィールド・ノート no.82 Aug.2014

ページ
36/48

このページは フィールド・ノート no.82 Aug.2014 の電子ブックに掲載されている36ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.82 Aug.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.82 Aug.2014

5月27日お母さん留守ムササビ観察日記朝からいつもとようすが違いました。親ムササビ1頭だけかと思ったら、子どものムササビ2頭が寄り添っていました。今まで、親ムササビが日中に子どもたちを置いて留守にすることは一度もありませんでした。昨晩、何かあったのでしょうか。昨年、ムササビライブカメラを2つの巣箱に取り付けました。本学ホームページ(http://www.tsuru.ac.jp)では『ムササビ観察日記』のブログを更新しており、ムササビのようすをご覧いただけます。みなさんも一緒にムササビのようすを見守っていきましょう。本学フィールド・ミュージアム=文・写真5月28日いない昨日までは子どものムササビが2頭いた巣箱に何もいません。昨晩、2頭とも外出したまま戻って来なかったようです。7月3日満員御礼6月16日帰ってきました今日は、ムササビライブカメラを設置した巣箱2つにそれぞれムササビが寝ていました。ここで、生まれ育った子どもたちでしょうか。本学周辺は自然に囲まれています。ムササビの森にはいったい何頭のムササビがいるのでしょう。ムササビが帰ってきました。しかし1頭だけのようです。子どものムササビでしょうか。小さく見えます。ここで生まれ育ったムササビなのかは分かりません。また、観察が楽しくなりそうです。no. 82 Aug. 201436