ブックタイトルフィールド・ノート no.82 Aug.2014

ページ
26/48

このページは フィールド・ノート no.82 Aug.2014 の電子ブックに掲載されている26ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.82 Aug.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.82 Aug.2014

センサーカメラが写した動物たち本学フィールド・ミュージアムでは、都留市内にセンサーカメラを設置して動物の調査をしています。ここでは5 ? 6月に本学周辺で撮影された動物を紹介します。右ページの写真は学内に設置したセンサーカメラ(右地図上★印)に写った動物たちです。また、左ページはうぐいすホール奥付近のうら山で撮影された写真です。本学フィールド・ミュージアム=文・写真美術棟★★自然科学棟◎地域交流研究センターネコ美術棟裏6月27日うら山の東側の尾根にも進出しており、本学周辺ではよく見かけます。ノネズミ類を捕食していることが分かっており、野生動物への影響が危惧されます。アナグマ美術棟裏6月27日センサーカメラが気になったのでしょうか。覆い被さるように写っています。至近距離でおなか側から見ることができる珍しい1枚です。タヌキ美術棟裏6月28日タヌキは溜め糞場をつくることで知られ、うら山でもいくつか観察できます。糞をよくみるとビニール片などが含まれており、そこからも里へ降りていることが分かります。アカネズミ自然科学棟前6月28日うら山を歩いていても出会うことが難しい動物です。彼らに出会うためには、食痕などを見つけ、そこでじっと待つことが必要です。no. 82 Aug. 2014 26