ブックタイトルフィールド・ノート no.81 Jun.2014

ページ
46/48

このページは フィールド・ノート no.81 Jun.2014 の電子ブックに掲載されている46ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.81 Jun.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.81 Jun.2014

c2014『フィールド・ノート』編集部 乱丁・落丁の場合はお取り替え致します。編集部までお知らせください。FIELD ・N OTE(フィールド・ノート)81号発行日:2014 年6 月30 日発行部数:2500 部発行・編集:〒402-8555 山梨県都留市田原3-8-1都留文科大学コミュニケーションホール地下1階地域交流研究センターフィールド・ミュージアム部門 『フィールド・ノート』編集部E-mail:field-1@tsuru.ac.jpバックナンバーは都留文科大学コミュニケーションホール地下1階の地域交流研究センターにありますので気軽にいらしてください。〔 〕は編集担当ページ発行人北垣憲仁〔16-17〕統括編集者西教生〔18-19〕編集長別符沙都樹〔34-37,46-47〕副編集長伊藤瑠依〔2-3,6-11,42〕舟田早帆〔12-15,22-23,43〕編集廣瀬はづ紀〔28-31,40-41〕加藤萌香〔1,24-27,48〕金原由佳〔4-5,44-45〕今村遥香〔32-33〕小俣渓和〔32-33〕高橋未瑠来〔32-33〕長尾泉〔32-33〕南條新〔32-33〕ロゴデザイン工藤真純つるは日照時間の長い地域だと聞きます。私の地元は年間を通し雨の多い、雷の頻発する地域だったので、晴れ間が多いというのはとても嬉しく、自然と散歩へ出る機会も増えました。散歩の休憩中には、その場所の音を聞くようにしています。そうすると、目で見る以上に周囲のようすを感じることができるからです。ただ、そうしているうちに、心地よい疲労感とあたたかな日差しに誘われてついうとうと。日差しの強まる夏の前に、春の光を満喫しています。              ( 金原由佳)つい美容院で髪を洗ってもらっていると眠くなってしまいます。心地よいあたたかさのお湯とほどよい強さの洗いかた。自然と体の力は抜けていき、徐々にまぶたが落ちてきます。首に蒸しタオルをあててもらうと、じんわりとあたたかくなり、眠気は急上昇です。そしてトリートメントを浸透させている束の間にうたた寝してしまいます。もうすぐ深い眠りに落ちるというときに「はい、おつかれさまでーす」の声。なんだか少し残念なような気分と気持ちよかったという満足感は、美容院の醍醐味です。                    ( 伊藤瑠依)じっと、ただ一点を見つめつづける。ムササビ観察は、じーっと待つことがあります。まだか、まだかとムササビの登場を待つ。そのうち立って待つのがつらくなってきて、地面に腰を下ろして上を見ます。するとつい、まどろんで気が緩んでしまいます。最近の夕方は、ほどよく涼しく、とても快適な気候なもので。そうやって、わたしが集中力を少し切らしたときにかぎって、いつの間にか、ムササビが巣箱から出て行っていることがありました。                      ( 加藤萌香)no. 81 Jun.まどろむとき編集後記