ブックタイトルフィールド・ノート no.81 Jun.2014

ページ
42/48

このページは フィールド・ノート no.81 Jun.2014 の電子ブックに掲載されている42ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.81 Jun.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.81 Jun.2014

no. 80 Mar. 2014 42ハナイカダ(2014.5.19)葉の上に花をつける珍しい植物です。見所は葉の裏側から見るハナイカダ。光を受けて、透き通る鮮やかな黄緑色の葉に、ぼんやりと写る花の影がきれいですヤマブキ(2014.4.28)色の名前になった鮮やかな黄色の花が特徴。目につく色のため道や山でも見つけやすいですウツギ(2014.5.11)漢字では空木と書き、字の通り枝のなかは空洞になっています。また卯月(4 月)に白い花が咲くことからウノハナとも呼ばれますアーモンド(2014.4.14)ピンク色の花をつけます。モモの近縁にあたる植物なので花もモモの花に似ていますキブシ(2014.4.21)遠くから見ると実が垂れ下がっているようにも見えますが、じつはこの一つひとつが花です。よく見ると薄い黄緑色の花びらが何層にも重なっていますコウゾ(2014.5.7)紙の原料にもなるだけあって、引っ張ってもなかなか切れない植物です。赤色の実をつけますツツジ(2014.5.28)ビオトープの道沿いには、ヤマツツジやミツバツツジなどさまざまなツツジが植えてあります。彩りを添えてくれるこの花は、春の訪れを感じさせます図書館音楽棟ビオトープの全景(2014.5.16)四季折々のさまざまな動植物を身近に親しめるのが本学附属図書館横ビオトープです。この地図を参考に、じっさいに植物を見てみてください。今号ではビオトープ委員会として整備するなかで見つけた春の植物を紹介します。春ビオトープだよりno.01伊藤瑠依(社会学科2 年)=文・写真北垣憲仁(本誌発行人)=写真