ブックタイトルフィールド・ノート no.81 Jun.2014

ページ
34/48

このページは フィールド・ノート no.81 Jun.2014 の電子ブックに掲載されている34ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.81 Jun.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.81 Jun.2014

no. 81 Jun. 2014 34無尽とは昔から山梨県に続く金融形態だ。この無尽文化は都留にも根付いているらしい。 私が持つ無尽のイメージはふたつある。ひとつめは、定期的に少人数が集まり、決まった金額を出しあうというもの。そのお金を一年間貯めておいて旅行やみんなで決めたことに使ったり、毎月集めたお金をひとりに渡したりする。ふたつめは、定期的に集まるというのは同じだけれど、親睦を深めるために集まるというもの。こちらの無尽が今の無尽の主流のようだ。金融形態としてはひとつめの無尽のほうが強いといえるだろう。主流が親睦のための無尽に移行していることからも分かるように、無尽は変へんせん遷を遂げている真っ最中なのだ。山梨県出身の私は両方の無尽に馴染みがあるし、ふたつが混ぜこぜになっている感覚も持ちあわせている。 けれども、私自身に無尽を立ち上げようという感覚はない。これは私だけが持っている感覚とは思えない。同年代の人で無尽を立ち上げようという人を見たことがないのだ。年齢を重ねれば湧き立つ感覚なのだろうか。そ「ムジン」って知ってますか?山梨県に続く文化のひとつです。尽きることが無いと書いて、「無尽」。この連載では、刻々と変化を遂げ続けている、無尽の今を追います。別符沙都樹(国文学科3年)=文・写真連載 第一回ひとくみめ 「三吉会」のかたのお話「ムジン」は   今……