ブックタイトルフィールド・ノート no.81 Jun.2014

ページ
29/48

このページは フィールド・ノート no.81 Jun.2014 の電子ブックに掲載されている29ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

フィールド・ノート no.81 Jun.2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

フィールド・ノート no.81 Jun.2014

うな花はあるかと不安になった。とりあえずもう一度、楽山公園や学校周辺の桜の樹を探してみることにした。桜を求めて 4月14日、風が強く吹いており、桜びらが舞っている。もう桜の時期も終わりかな、桜茶はまた来年かな。そう思いながらも、まずは学校体育館周辺の桜の樹を見に行く。「あった」。手を伸ばせばぎりぎり届くようなところに一つ、求めていた桜の花を見つけた。ないものだと諦めていただけに、見つけて思わず声を上げてしまった。その後、一本いっぽんの樹をじっくり見て、塩漬けに使えそうな花を探していく。見つけるたびに、持って来た袋のなかに入れる。7?8分咲きの桜はもちろん、蕾からちょっと咲き始めのものも摘んでいった。 体育館周辺の桜の樹を一通り見終わると、ここにあったのだから楽山公園のほうの桜の樹にもあるかもしれないと思い、そのまま楽山公園のほうにも足を伸ばす。こちらの桜のほうが花の咲く時期が少し早楽山公園には桜の花のトンネルがいたるところでできている